犬・猫のスケーリング(歯石除去)

スケーリング(歯石除去)のススメ

犬、猫の歯に関して気にされたことはあるでしょうか?
私たち人間は毎日のように歯磨きをしますが、犬・猫はどうでしょうか? 毎日、歯みがきをされている方はいらっしゃいますか? ほとんどの飼主さんが「歯みがきは~」という方が多いと思います。
歯みがきをしないと歯石がたまり、口臭、歯周病、歯槽膿漏の問題になります。歯周病菌が肺炎、心臓病、脊椎疾患を引き起こし重大な病気になります。その時点では既に手遅れになっていることが少なくありません。ですので、歯みがきが出来ない方は定期的な歯石除去が必要になり、当院ではスケーリングをおすすめしております。
治療は麻酔が必要となりますので、詳しくはスタッフまでお問い合わせ下さい。

スケーリングの流れ

事前検査
血液検査・胸部レントゲンなどの検査を行います。(必要のない場合もあります。)
※朝ごはんは抜いて、PM12:00前にお預かりします。
麻酔
全身麻酔をします。
スケーリング
歯医者が使う「超音波スケーラー」という機械を使用し、歯石を取り除きます。
ポリッシング
歯石の再付着を予防するために「ポリッシャー」という機械を使用し、歯にコーティングをして終了です。午後4~5時頃にはお返し致します。

施工例

スケーリング前

スケーリング前

スケーリング後

スケーリング後

  • 札幌夜間動物病院
  • 胆振・千歳地区動物夜間診療チーム
  • アクセスマップ
  • 半導体レーザー
  • 獣医師・動物看護士募集

RSS